武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野市開発公社の視察 ー続きです-

2月6日(水) 武蔵野市開発公社の評議員の視察で、静岡市を視察しました。

静岡市は、平成15年の清水市と合併した政令指定都市です。面積は、1390k㎡

静岡市の駅前では、法定再開発が7地区、有料建築物等整備事業が5地区で完了したという中で、近年完成の2地区の施設を再開発事業として、勉強してまいりました。
視察しましたなかでのペガサートにある”B・nestビネスト”は、興味ある施設でした。地元の静岡大学、静岡県立大学とコラボレーションの企業家・中小企業へのサポートの施設です。地元の静岡銀行からも優秀な社員が、この施設の幹部職員として派遣されていました。
武蔵野市においても、吉祥寺駅近くにおける共同ビル建設事業を早期に推進し、駅前の再再開発と合わせての地元の優秀な大学とのこうした連携をもった中小企業、起業家のサポート事業を立ち上げるべきでは考えます。

次いで、静岡市の美しいまちづくり推進地区の”宇津ノ谷”地区を視察しました。
旧東海道に位置する山あいの40戸ほどの集落です。昔の街道の面影を残すまちなみが保存されています。この景観形成に対する修景助成を市が行っています。今年度も約600万円の補助金で、家屋の修復がされています。
080204開発公社視察 047

ここに見られる電線は、来る皆さんに指摘されるそうですが。中部電力の協力が、まだないそうです。

080204開発公社視察 041


地元の慶龍寺に伝わる”十団子”
直径1cmほどの小さな団子を10個ずつ糸で通してあります。道中の守護として伝えられ、現在も縁日で売られるそうです。
080204開発公社視察 037


旧東海道です。道幅2mにも満たない道です。ここをその昔、豊臣秀吉が、小田原攻めの際に十万余の大軍で通過するために作ったといわれ、大名が参勤交代でも通過した街道です。
080204開発公社視察 044
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/92-1997b2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。