武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年度 第4回定例議会

12月議会が、5日よりはじまりました。19日までの会期です。
昨日と今日、明日の3日間は、一般質問が行われます。今回は19名の議員の方が質問に立たれます。
今日の6日、私は朝1番目の壇上に立ち、一般質問を致しました。
今議会での私の質問は、
Ⅰ:邑上市長の市政運営の基本姿勢について
①昨今の一連の役所の不祥事に関連して、市長は再発防止に向けて、どういう対策を行っているのか、職員の意識向上にいかに取り組んでいるかを伺う
②市制60周年を記念しての市政功労者の表彰についての選考方法などについて
③市長の交際費に関して
④市長の公務、市議会議員の公務について

Ⅱ:学校の校庭の夜間照明について、
①既設の学校の夜間照明の設置時期や、その当初目的、現在の利活用の状況について
②既設の一中、一小、関前南小の夜間照明の照度アップについて
③市営の軟式野球場、陸上競技場、中央公園スポーツ広場に夜間照明を設置することについて
でありました。

壇上では、20分の持ち時間があり、時間いっぱいの質問を述べ、自席からは10分の再質問の時間があり、ここでも時間いっぱいの質問をいたしました。
私の一般質問の内容については、2~3日後には議会のHPにアップされますので。

Ⅰ)の質問ですが
①まずは、現場に注意を喚起を促すということであるかもしれないが、トップがその姿勢を見せて、今後しっかりと市政の運営に当たるべきというものです。その辺の考えをただしたものです。
②市役所から見えるところでの市政に尽力を願った方々の表彰が多いようで、地域で地道に活動を願っている方々をも、こうした機会に感謝の表彰をするように、もっと視野を広げてもらいたいというものです。今回は、市民のご推薦で表彰を受けられたのは7名でした。
③議長の交際費と比べて、あまりにもすくなすぎます。無駄な出費は抑えるべきですが、抑えるということが先に立って、やらねばならぬことまでが抑えられることのないようにとの考えです。また、市役所交際費とあるので、市長自身の自費出費は別にしても、職員にまで同じことを強いるのではなく、市政の推進を図る上で有効な交際費の支出の枠を部長職他職員にも考えるべきと申しました。
④一中の60周年式典には欠席をし、市長のタウンミーティングに出席した市長の考えをただしましたものです。

Ⅱ)の夜間照明については、近隣の住民の皆さんのご理解は必要ですが、今もある照明設備ですから、今少し照明度を高めて、利用者の満足度を高める、また利用上の安全を図ることも考えてもらいたいという内容です。千川小学校の夜間照明は、十分なものですが、他の学校のそれは、結構暗いのが実情です。こうした学校の校庭は、災害時の一時避難場に指定されています。夜間照明も必要な設備と考えますが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/79-0d2c5a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。