武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR中央線の連続立体交差事業

JR中央線の下り線高架切換に先立ち、現場の見学会がありました。
9日に、一般の皆さんを対象の見学会があったのですが、いけなかったのですが、15日に見学の機会ができましたので、行ってきました。
DSCF0023.jpg


下り線だけですが、6月30日の夕方から、7月1日の早朝にかけて工事が行われ、1日からは下り線が高架となります。もちろん武蔵境駅も下り線は2階に上がるわけです。
当日は、三鷹~立川間の列車が、大幅に運休になります。ご注意ください。上下線の高架が完成するまでは、まだ踏切の渋滞解消までには至りませんが。
DSCF0005.jpg

三鷹~国分寺間の約7kmに間には、線路の継ぎ目がありません。線路に降りて、はじめて知りました。このつなぎ目の溶接の技術は、世界に誇れる技術だそうです。(近藤議長がおっしゃってました)
DSCF0026.jpg


武蔵境駅周辺の再開発が、この高架事業と武蔵野プレイスの事業と一体となって、進められていきます。地元の皆さんの期待は高まっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/46-482a57b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。