武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NICTを視察

6月4日(水) 
ダイナミック日本・地域の力フォーラムに参加のメンバーと、小金井市に本部を置く独立行政法人「情報通信研究機構」を視察いたしました。
政府からの予算、約290億円にて、職員数は411人
主たる業務としては
①情報通信分野の研究開発 
②日本標準時の決定、標準電波の送信
③電波を使っての観測技術の研究開発
④民間、大学などが行う情報通信分野の研究開発の支援
等です。
CIMG0388.jpg

視察では
1)インシデント分析センター デモルームにて、リアルタイムで、日々、サイバーテロなどに攻撃を受けている状況やその 監視の体制についての説明を受けました。

2)日本の標準時・・世界でも1、2番目を誇る「日本標準時発生システム」の説明を受けました。
 日本標準時を決定・維持・供給する業務を。電波時計の時を発信する送信所も管理。

3)宇宙天気予報・・宇宙天気情報センターで観測している宇宙・地球環境データーンの観測・収集・管理・解析・配信にか かる技術の説明を受けました。太陽の黒点などを観測結果から宇宙環境の変動を予測。

4)航空機搭載の合成開口レーダーについて
 夜間でも雲や噴煙があっても、上空から30cmの分解能で観測ができるレーダーを航空機に搭載して、地球上の画像  を撮影をしたり、宇宙空間から生活圏内の様々な状態をレーダーで瞬時に把握する技術の研究開発。

日本を代表する研究機関、頭脳の一つでしょう。

NICT視察写真140604


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/383-f012813f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。