武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都市議会議員研修会

2月12日(火)  会場:府中市府中の森芸術劇場

第51回を迎える「東京都市議会議員研修会」に参加をしてまいりました。
都下26市の市議会議員のみなさんが集まっての研修会です。
今日の講演は、前東京都副知事の青山氏を講師に迎えて、【自治体と防災ー東日本大震災の反省を踏まえてー】の演題でした。

青山氏は、都庁に入庁され、副知事を4年務められて、2003年に退職され、現在は明治大学公共政策大学院ガバナンス研究家の教授をされています。副知事の4年間は、石原前都知事のもとで、4年の任期を全うされたという方です。

演題の内容もさることながら、あの個性の強い石原都知事の下での処し方などの話も興味深く拝聴しました。また、今話題の教育委員会のあり方についても少しばかり触れられて、ご意見を述べられていました内容も、納得いくものでした。
自治体における防災ですが、講演の最後に触れらていましたが、都市部における防災、地震対策に関して、現在の耐震基準に合格しない古い建物への対策が大切なことであり、しっかりと耐震診断を受けていただき、その結果基準に沿わない建物は、半ば強制的にでも建て替えをするという措置も必要という話でした。
武蔵野市内においても、公共施設の建物でも耐震基準に沿わない施設もあります。また道路沿いにも、民間の古いビルが建て並び、かつ人通りがたいへん多い通りもあります。こうした建物への対策も急務です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/341-1dd00cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。