武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月定例の議会

6月13日(月)
本年の第2回定例市議会が始まりました。
今日、16日、17日と一般質問が行われ、そして市から提出の議案の審議です。今定例議会では、21人の議員さんからの一般質問があります。
私は5番目で、13日の午後から、久々ぶりに一般質問を行いました。先の2年間は、市議会選出の監査委員を務めておりました関係で、一般質問を控えてきたところです。
東日本の大震災に関係しての一般質問が、今議会では多くあります。私の質問も、これをテーマにしたものですが。私の一般質問の内容については、市議会のHPにアップされていますので、そちらからお聞きいただきたいと存じます。

【武蔵野市の新エネルギー政策、吉祥寺のまちづくり等について】
Ⅰ: 武蔵野市の新エネルギー(再生可能エネルギー、自然エネルギー)政策の取り組みについて
東日本大震災、そして福島第一原発の被災事故により、今日本は戦後最悪の国難を迎えております。国民あげて復興を目指し、全力を尽くさねばなりません。今議会では、とりわけ夏場に予想される電力不足から、今後のエネルギーを考える視点で質問を致します。福島第一原発の事故により、東京電力の供給電力に大きな支障をきたしてまいります。本市としても今後一層節電にむけ、行政をあげて、そしてまた個人としても家庭での節電に協力を続けていかねばならないわけです。一方国の政策としても、あらためて電力、エネルギーをどこに求めるか、今原発の安全対策の問題もあり、見直しが求められている中、原子力発電への依存から、再生可能エネルギー、自然エネルギーへと大きくシフトされることと考えます。菅総理も自然エネルギーの活用拡大を大変ハードルの高い数値をあげて、世界にアピールされたわけですから、国の施策として、積極的な取り組みが行われるのでしょう。武蔵野市も一自治体でありますが、前向きにしっかりとこの問題にも取り組むべき時期と考えての質問です。
・太陽光発電への取り組み
①本市内の公共施設における太陽光発電の設置状況、そして既設置の公共施設における発電実績とその成果について
②今後の本市の公共施設における設置の計画について
③民間建物、民間住宅における太陽光発電の設置状況について
④今後の太陽光発電普及促進等の新たな補助事業の考えについて

・風力発電への取り組み
①本市内における風力発電の取り組み実績について
②市内の比較的スペースのある公園等での小規模風力発電への取り組みについて

・大きな課題である自然エネルギーへの新たな取り組みを、本市のような行政面積の小さな自治体で独自で取り組むことについては、その成果も限られます。本市の友好都市との協同で、また立地を活かせるニーズがたがいにマッチする地方自治体との協同で、そしてまた民間企業の資金とノウハウを、武蔵野市民からのファンドを活かすことを図り、新エネルギーの事業に取り組むことを考え、所見を尋ねました。

Ⅱ:東日本被災地の復興支援について
本市が行ってきた人的、物的な支援もさることながら、今後は被災地における現地の皆さんの自立を支援する、被災地の地場産業を支援することも求められると考えます。そうした復興支援への協力について、またより多くに皆さんからの支援を得ることにつながる新たな復興支援のアイデアについて、本市の考えを伺いました。

Ⅲ:吉祥寺の新たなまちづくりについて
武蔵野市にあっては、都市インフラの再整備という大きな課題を抱えての中、これからは一層強化された防災機能をも加味しての新たなまちづくりを目指さねばなりません。武蔵野市の3駅圏の中でも、もっとも多くの来街者がある吉祥寺駅周辺の街づくりについて、邑上市長の所見を伺いました。
①本市の地域防災計画の練り直しについて
②市が次代に向けての都市基盤整備を進める上で、最も力を入れるべきと市長がお考えの点について
③吉祥寺南口駅前広場を含めた駅南口周辺の再開発についての現状と今後の取り組みについて
④パークロード沿いに立地のビルの耐震性について
⑤公会堂の建替え問題、公会堂隣接のレストランの修繕について
⑥吉祥寺駅前の駐輪場計画について
⑦イースト吉祥寺地区のまちづくりについての現状と今後の取り組みについて

以上が今回の質問内容です。

大きく訴えたいのは、
①再生可能、自然エネルギーの取り組みは、本市単体では到底、成果も見いだせないと考えます。”交流”を結ぶ友好都市とともに、またニーズがマッチする自治体との協同を図って、またそこに、民間の力(民間企業の資本力、市民ファンド等)を合わせての取り組みを行い、積極的な自然エネルギーへの取り組みを行うべきと。
②吉祥寺のまちづくり、とりわけ”南口交通広場”事業をへの取り組みを、期限を切って、JR吉祥寺駅改修、京王ビル改築の契機の今、しっかりと行うべきと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/285-265562c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。