武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーカリが丘を見学してきました

11月1日(月)
千葉県佐倉市の山万㈱開発の”ユーカリが丘"を視察してまいりました。過日TVの”カンブリア宮殿”で紹介され、今話題の街です。
昭和46年に開発着手をし、昭和55年から入居が開始され、39年以上にわたって未だに開発がすすめられている街です。今後開発の計画では、2地区8000人くらいの人口の大きな街区がまだ計画されているとのことですが、毎年200戸の販売を計画で進めて、この考えで、街に住む住民の世代をうまく分けているという考えです。
多摩ニュータウン等に見られるように、短期間に大開発して、多くに居住者を入れ、一時に高齢化の波を受けるというリスクを回避しています。
”ユーカリが丘”東京から約1時間という立地で、首都圏への通勤に方が多いようです。この街に住む方は、そこそこ年収も高く、佐倉市の税収の3割がこの街からあがるそうです。平成18年度調べで 佐倉市の人口が18万人、ユーカリが丘の人口が15,000人ですから、1/10以下の住民が、現在の佐倉市の財政を大きく支えているという構図です。
ユーカリが丘の街の中をぐるっと1周するモノレールを、山万が走らせており、乗って1周してきました。
話を伺うと、なかなか開発コンセプトが大変ユニークであり、その考え方は参考になるところです。
ただ武蔵野市では、今後もこのような開発地区は全くないのですが。
武蔵境、三鷹、吉祥寺と、3駅圏での再開発の事業が、今後進められていきます。住んでみてよかった、これからも住みやすい”街”はどうあるべきか、良く考えてまいりたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/263-915deb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。