武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事監査で、武蔵野プレイスを

10月4日と5日の2日間にわたり、監査委員として、武蔵野プレイスの工事監査を行いました。
4日は新築工事の監査、5日は空調設備工事の監査です。いずれも日本技術士会から、技術士さんを派遣願い、1日をかけて行ったものです。工事監査は、おおむね80%の進捗を見たところで、実施を行ってきており、今回もそのような時期に、監査を行ったものです。

この武蔵野プレイスは、来年の末には、工事を竣工させ、7月にはオープンとする計画です。
新築工事は契約高が25億9140万円、空調工事は5億3340万円と、武蔵野市にとっては大変高額な大事業です。むこう100年間の長寿命化を図った建物です。

空調については、他に先行事例の少ない輻射冷暖房のシステムを採用したものです。全館窓があかない設計であり、夏冬の部屋の温度・湿度が、設計通りの効果を発揮できればいいんですが。

プレイスの建物の正面です。  この楕円形の窓が特徴です。
IMG_0303.jpg

地上4階建ての建物ですが、4階と3階はラセン階段で結ばれています
IMG_0336.jpg

地下1階は、メインライブラリーとして、ラウンジ、読書室があります。部屋の中はすべて、このような曲線です。
IMG_0395.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/255-24ceb7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。