武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラボック市ジュニア大使親善使節団

6月10日(木)
アメリカのテキサス州のラボック市から親善使節団の一行22名の皆さんが、市役所を訪れました。その歓迎式に出席致しました。ホワイトさん(アシスタントシティマネージャー)を団長に、引率6名に16名の高校生(男子8名、女子8名)の一行です。

今年で、この交流は25周年を迎えます。今までに武蔵野市から23回、ラボック市を訪問し、ラボックからは今回が17回の訪問となりました。

市役所庁舎前で、一行をお迎えしました
100610 008

団員一人ひとりの自己紹介
100610 009

ジュニア親善大使団員を代表しての挨拶
100610 014
「長い間培ってきた絆を大切にして、この先永遠の友情を築きたいと」コメントをしていただきました。

一行の団員の若者達は、初めての日本、東京での滞在を楽しみにしている様子です。交流のスタートの経緯についてはよくわかりませんが、結果として交流を始めて25年になるものです。ここまでに培われた国際交流をベースに、これから先、どう続けていくのか?ラボック市の皆さんは、この交流をどのように期待されているのか、過去に来ていただいた団員はその後、この交流をどのように活かしていただいているのか等を、一度機会を作ってラボック市で、伺いたいものです。
皆さんには、短い滞在ですが、おおいにENJOYしていただきたいです。13日には、もう”さよならパ-ティー”があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/236-d932a2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。