武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市議会市民クラブの会派視察 -3-

会派視察の最後の日7月17日(金)に、武蔵野市と友好を結ぶ鳥取県の岩美町を視察いたしました。

視察先:鳥取県岩美町
視察のテーマ ⇒ 武蔵野市との交流事業の現状と今後について

面談者: 岩美町の榎本町長
            津村議長
    自立推進課の山本課長ほかスタッフの皆さんに面談し、意見交換を行いました。

毎夏休みに行われています”親子体験ふれあいツアー”の今年の実施についてや、武蔵野市との交流事業を進める中で、期待するところなどについての意見を伺いました。

榎本町長、津村議長からは、大変な歓迎を受けました。
090717会派視察 088

・アンテナショップ「むぎわら帽子」にも、岩美町は20万円、出資しているとのこと。
平成20年度はお米や農産物などを主に、年間240万円の売り上げがあり、21年度については400万円を見込んでいるとのことです。今後は、岩美の特産である海産物も取り扱っていただきたいとのことですが、なにせ店舗が小さくて、冷蔵庫を設置できるスペースが無いのが、残念ですと。
・「家族ふれあい体験」については、
今年度の参加は6家族のリピーターを含めて、20家族92名とか。この事業がスタートしました平成15年からは、20年までに合計で253家族828名の大勢の武蔵野市民の方が、岩美を訪れたことになり、受け入れの岩美町としても力を入れている事業です。
・武蔵野市の交流の一環として、武蔵野市の”青空市”、”桜まつり”にも出店し、岩美の特産のPRもされています。

自然豊かな岩美町として、新たに、山陰海岸(浦富海岸)一帯を世界ジオパークの認定に向けての取り組みに今、全力を挙げているということで、ジオパーク取組内容についての熱心な説明がありました。
090717会派視察 091


岩美町浦富海岸 自然豊かな海岸です。
090717会派視察 110
また、岩美町にある2か所の海水浴場は、全国でも850か所の中から選ばれてベスト5に入る(2か所とも)
ということです。ぜひ多くの武蔵野市民のみなさんにもおいでいただきたいと。

視察を終えて、町役所の玄関で、榎本町長を囲んでの記念写真です。
090717会派視察 095
榎本町長のリーダーシップが発揮され、地方自治体として、また自然豊かな町の特性を活かした岩美の自立に向けての強い姿勢を感じ取りました。

今回の視察において、海士町の山内町長、岩美町の榎本町長からは、まちづくりのリーダーとして先頭に立って、頑張っておられる様子を伺いました。
武蔵野市においても、今後地方分権が進む、地方の時代と言われる中で、都市部に立地する自治体として、以下に地方の自治体と共生を図るか、その上で武蔵野市の何をもって自治体としての生き残りの糧とするのか、東京都にあってどのような自治体を目指すのか、ここで改めて自問し、武蔵野市の進む方向、舵取りを再確認、再チェックも必要ではと考えました。


*「ジオパーク」
科学的に見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を複合含む一種の自然公園であります。地質遺産保全と地球科学普及に利用し、地質遺産を観光の対象とするジオツーリズムを通じて地域社会の活性化を目指しており、ユネスコの支援のもとにすすめられています。
平成20年度に、日本ジオパーク委員会からは、認定を受けており、今回は世界での認定を目指しているということです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/198-978719a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。