武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法政跡地の問題

・さる12月17日に、法政跡地問題について、地区協議会主催の住民集会が開かれました。
この問題については、先般の12月の議会における一般質問でも、限られた時間の中でしたが、この件にも触れた質問を致しました。過日のブログにも同内容を書いておりますが、再度記載しました。
①来3月末までに市の建築規制条例が、制定できない状況下では、業者の工事着工を先に伸ばす手立ては、業者との協議をもってしかできないと考えるが、市の考えはどうか?
②高さ制限が15mの地区計画であれば、今の法政通りの東西の跡地にも、15mないしはそれ以上の建物が建つ事にもなると考えるが、市はどのように考えるか。
③住民から提出された地区計画原案から、市の原案作りの段階であるが、早期に市長としての決断をし、市の案をまとめて、住民、業者、法政とも話し合いを重ねて、早期の問題解決の当たるべきであるが、市長の考えは。
④法政大学のとった対応については、納得しかねるところが多く、議会にも、法政大学に対して、住民の意向を充分汲んだ配慮、業者への指導を願うとの議会決議を考えるが、市も同様に強く法政に要望すべきだが、どうか。
以上の4点についての質問でしたが、どうもまだ市長の決断までには至ってないような答弁で、
・1ヶ月以内には市の原案を示すとの答えでした。
・高さ規制については、業者との合意を得ることができるか心配とも。
・法政通りの西側を含めての良好な環境形成の視点をもって考えたい。
というものでした。

この住民集会においては、協議会からいままでの経過説明があり、質疑があったわけですが。
どうも、現実の状況から離れた議論に終始しているような気がしてなりません。状況次第では、法政通りの西側部分にマンションが建設される懸念も大いにあるわけで、その点を大きく心配するところです。

22日には、住民の皆さんと市との懇談会が開催される予定となっていますが、ぼちぼち市の地区計画案も固まったのでしょうか。
この問題については、東町のまちづくりの視点をも持って、しっかりと取り組んでまいります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/18-0825882d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。