武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法政大学に決議書を

法政大学に、今の吉祥寺東町の法政第一中・高等学校移転後の跡地の問題で、今日(12月8日)議会に決議を提出し、ほぼ全員の賛成を得て、可決の運びです。この決議は、”東部地区の跡地を考える有志の議員の会”にて提出のもので、議決後に、法政第一中・高等学校に届けます。
法政大学のこれまでの対応については、納得しかねるところが大変多くあるのですが、今一度マンション建設業者の長谷工に、法政から強く要請を願うものです。
①来4月からの工事着工はしない
②今の住環境を維持する、損なうことのないマンション建設の計画を
③①&②の実現のための協議を重ねる
といった主旨の決議です。

武蔵野市長からも、同様な要請を書面で、法政大学側に来週早々には提出されることになってます。

この決議により、今の交渉が大きく好転すると望めなくとも、考えられる手立ては全て、手を打つことはやっていかねばなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/15-46ac43f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。