武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民クラブ 会派視察ー3-

7月9日(水)
視察の3日目は、青森県(六か所村、弘前市)から秋田県秋田市に移動し、秋田市の条例を学んでまいりました。

『しあわせづくり秋田市市民公聴条例』
武蔵野市の長期計画・調整計画を制定の際も、「自治基本条例」、「市民参加」が一つの焦点でもありました。秋田市での住民参加のあり方をこの条例の制定に至る過程や実際を秋田市役所の担当者から話を伺い、学んでまいりました。

・この条例は、平成13年の市長選の佐竹市長の選挙公約に基づいての制定した条例
⇒市の企画立案過程をオープンな形にして、そこに参加することにより生き甲斐を感じるように、また企画立案のプロセスにおいても市民からの意見を求めるというものです。
・市が最終決定をする前のい企画立案の過程で、市民意見を反映させる
⇒無作為抽出(500人くらいの市民に参加を打診し、その中から100人を)による意見聴取の手法として、「市民100人会」を活用しているが、条例を担当する部署では、その説明書類が膨大になるため事務量が大変とか・・
 そうじて、反対につながる意見などは今までなかったということです。
・平成17年度以降条例の対象となった市の計画は、17件→9件→3件と年々減少しているとのこと。条例の運用の中では、条例の対象となる計等とともに、適用除外とする計画内容についても記されております。 

『在宅子育てサポート事業』
公的支援を受けている認可・認可外保育所、幼稚園に入所している就学前児童のいる家庭以外の在宅で子育てをしている家庭への支援事業です。事業予算は500万円です。
・内容は「子育てサポートクーポン券」を配布です。
主に親子の絵本プランに使用のクーポンが多く、l利用率は72%で3000万円くらいだそうです。

0807市民クラブ視察 013
秋田市役所会議室で、説明を伺う。

あわせてJR秋田駅に隣接するビルの秋田市市民交流プラザ”ALVE”の施設を見学しました。
武蔵野プレイスもこのような施設内容であればとも感じましたが。
このプラザ内にある”秋田市子ども未来センター”を訪問
このセンターを設置にあっては、職員の方々も武蔵野市の”0123”を視察して、参考にされたとのことです。年間2億円の経費をかけているとの話ですが、職員26名が在籍。年間利用者は約7万人弱。
0807市民クラブ視察 036

0807市民クラブ視察 034

同じビル内、未来センターの隣接してある自然科学学習館
秋田市内の小・中学生は毎年一度は、ここを学習体験に訪れることになっているそうです。
0807市民クラブ視察 031
裏面から顔を押し付けると、このように表面に表れます。面白い!私の顔です。


秋田市の民族芸能伝承館で”竿燈まつり”のさわりを
竿燈祭りを控えて、市内でも練習風景も見られました。
0807市民クラブ視察 042



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/121-ec0a0897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。