武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東町4丁目の旧ポンプ場

5月9日(金)  
杉並区との境にあります旧ポンプ場(吉祥寺東町4丁目)の中を見学しました。

昭和30年にこのポンプ場は設置され、昭和45年まで、この施設は稼働しておりました。その後は、東京都の下水処理計画の変更もあり、ずっと停止であります。隣接のポンプ場公園の地下には貯留池として約40トンの下水をためることができる施設は、今もあります。
このポンプを格納する建物が老朽化し、かつ防災面、安全面でも心配の声は、ずっと以前からも寄せら得ていましたが、東京都の都市計画の変更がなされぬまま、ずっと時が過ぎてきた状態です。

ポンプ格納の建物の内部
080509ポンプ場 009


今日は地元の有志の方と、内部を見ました。ここに50年も住んでいるが、中を見るのは初めてとか話をしつつ、興味深く内部に入りました。
080509ポンプ場 004

080509ポンプ場 007


市の下水道課の押切課長から、話を伺いました。
080509ポンプ場 010


早期にこのポンプ格納の建物を解体し、地域の皆さんに安心して楽しめる公園としての整備をのぞむものです。過去には、大雨で、この地域も浸水被害を受け、ボートまで出したこともあると伺っています。水害対策も含め、この地下にそうした対策を講じると共に、上部を公園などに有効活用できる施設を考えていきたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuwazu.blog77.fc2.com/tb.php/104-e9d624ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。