武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総務委員会の行政視察ー第3日ー

第3日は、旭川市を訪問しました。旭川市で進められています「まちなか活性化交流拠点創出事業」についての勉強です。
旭川市は、人口35万人、行政面積は747.6k㎡です。道内第2の北海道の拠点市です。
今JR駅舎も新しくなり、駅前の再開発が進められていました。イオンの大変大きなショッピングモールも建設中でした。郊外に同じjイオンのモールがつくられて、駅前の商店街が疲弊していったようですが、旭川市中心市街地活性化計画を作成し、再び街の賑わいを取り戻そうとの計画です。その中での「まちなか活性化交流拠点創出事業」について、」勉強をしました。

以下、委員会の報告書です⇒
武蔵野市では、路線商店街が売り上げ減による影響がおおきく、様々な施策を講じているがなかなか回復が難しいところです。旭川市ではまちなか活性化交流拠点を地域の核として作り、再度賑わいのある街にするため活動している。この経過と方法を調査でした。「まちなか交流館」はまちの情報発信や催し物の開催、幅広い市民の利用と交流を行い、再度市街地の活性化を図るための拠点として設置されました。旭川は近年旭山動物園の人気により観光客が増大し、空港、駅、駅バスターミナルが賑わうようになりました。しかし町中の賑わいの中心は観光客も含め街中を行き交う人の流れが必要です。旭川ではホテル数が少なくせっかくの観光資源が活用できません。また郊外に大きなショッピングモールができ、人の流れは駅中心から大きく変わり、閑散とした状況になったそうです。旭川駅から恒久的歩行者専用道路がおよそ1kmの長さ、幅およそ20mで伸びていて様々な利用方法が考えられています。この歩道は全国でも初めての恒久歩行者専用道であって、車はもとより自転車の駐輪もできないのです。しかし残念なことに道路であるため道路交通法の制約があり、年を通じての催し物はできないとのことでした。「まちなか交流館」はこの道路の駅のそばにあり、併設された観光情報センターをもち、立地機能とも条件は整っています。設備は「まちなか交流館」が106m2、総合観光センターが167㎡となかなかなの広さをもち、またレストランや喫茶店、物産館まであり、来館者の要望には充分に答えられると思われました。しかし周辺道路の通行人数や、物産館、観光センターの利用者数、売り上げを見ると大変苦戦しており、本来の賑わいを取り戻すにはまだ時間がかかりそうですが、様々な施策を講じて実績を積み上げ、何とか賑わいの創出を見いだしたいとの思いが担当者から伝わってきました。
地方中核都市の旭川市は、人口およそ40万人、広大な行政面積のうちかなりのところが平地であって、観光資源として旭山動物園を持つ、なかなか魅力ある街でした。しかしご多分に漏れず郊外に大きなショッピングモールができ、人の流れがおおきく変わると共に個店の内物品販売は猛烈な打撃を受けてしまいました。昭和54年には町中を歩いている人が延べ36万人ほどであったのが、現在ではわずか持ち直したとはいえ14万人弱であることとみれば、いかに苦戦をしているかが思い浮かばれました。武蔵野市においても個店や物販の大変さは共通するものの、吉祥寺という地域ブランドで情報発信する事が重要と思われます。この度調査した「まちなか活性化拠点創出事業」の一環としての[まちなか交流館]は、我が市の「ハートらんど富士見」のように商店街の中のコミュニティスタジオとは全く別な観点から始められた施策で、街全体の活性化を検討するものでした。我が市でもまちなかの活性化特に周辺商店街の活性化は急務であるが、この度の旭川市の取り組みとは別な方法を考えねばなりません。しかし大きな取り組みとして参考としたいと思いました。


CIMG0070.jpg

141016_01.jpg


スポンサーサイト

総務委員会の視察ー2日目ー

第2日
小樽市を訪問いたしました。小樽市の小樽市総合計画について、勉強をいたしました。
その昔は、日本銀行の支店が小樽に設けられたことに見られるように、北海道の金融の中心地でありました。小樽運河に沿う倉庫群など、昨今は観光都市としても人気の都市であります。
現在の人口は、126,000人、行政面積は243k㎡です。

以下委員会の報告書です⇒
我が市で始まった長期計画調整計画策定において、他自治体の長期計画{小樽では総合計画}策定をどのような方法で行っているのか調査し、参考にと伺ったものです。
小樽総合計画の策定は昭和43年に始まり、現在は第6次の総合計画が進捗中であります。この度策定方法について調査しましたが、我が市との相違点から質疑を行いました。一つに総合計画審議会委員に市議会議員が入っていることでした。市長から出された議案審査をする市議会議員が、計画案を作るメンバーに入っていることは違和感がないかとの問いには、担当者は、議会が集中審議を行うので問題が無いとのことでした。また、我が市では市民団体との懇談会を行い多くの意見を求めております。しかし小樽市では、市民団体をメンバーに加えることはありませんでした。また構成員数も29名と多く、審議を行う上では少々疑問が残りました。市民意見の集約は市民団体、学識経験者、アンケート、小樽商科大学生との懇談会、地域地区別懇談会及び意識調査、おたる子ども会議からの意見、その他パブリックコメントなどを行い、策定審議会に送られることになります。その後の審査は我が市と同じと思われますが、前述しましたように29名も委員がいることは中々大変と思われます。財政計画はなかなか難しく、市民病院をもっていること、さらに消防も自前であることのため職員数が大変多い状況です。これら財政負担が大きい中、市税収入の落ち込みがあり、その原因である人口減少の影響はおおきく影を落としています。
我が市が基本構想長期計画{昭和46年}を策定してから45年近くが経とうとしています。視察した小樽市はそれよりも早く総合計画を策定し、現在に至っていますが、人口が昭和39年から現年の間に実に4割も減少してしまいました。 この状況下で市政運営をおこなうにはなかなか大変なことと思えました。また、我が市では基本構想長期計画の策定の際、策定委員に市議会議員が入ることはありませんが、小樽では5名もその中に入っています。さらに集中審議は策定委員に議員が入っているので1日で終了してしまいます。どちらが良いのか同時進行していないのでわかりませんが、少々疑問として残ります。様々な状況に対し説明が少し足りないのではないかと感じました。我が市でも説明をもっとわかりやすく簡潔に行い、情報をしっかり出し、市民に目を向け、将来を見据えた議会、行政でなくてはならないと深く感じました。


141015_01.jpg

141015_02.jpg


総務委員会の行政視察ー第1日ー

10月15日~17日
今年度の総務委員会の行政視察をおこないました。

第1日目は、北海道ニセコ町を視察です。昨年の総務委員会において、ニセコ町の町づくり基本条例を伺う予定をたてたのですが、台風の影響を受け、視察がかなわなかったニセコ町でした。
ニセコ町の人口は、4671名(H26年月)、年間の決算額は約50億円です凝視面積は、197k㎡。
昨今は、外国人の移住も増加の様子です。年間を通して、外国人観光客も多いとのことです。

視察テーマ:「ニセコ町づくり基本条例」
今、武蔵野市議会においても、議会基本条例、自治基本条例の制定についての検討がなされています。その参考にするため、実際の施策展開をしているニセコ町にお話を伺ったものです。
ニセコ町の町づくり基本条例は、町民というより、町の行政へのルールを設けたものと受け止めました過去にわたって、3回の条例を改正してきたが、既にあった内容をルール化した内容で、基本条例が先行したものではなく、また基本条例を設けたから、変わったというものではないとのことでした。

以下委員会の報告書です。
⇒ニセコ町では町づくり基本条例が制定されています。制定までの経緯や制定後の活用方法をどのように行っているのかを質疑を交えて尋ねました。担当者は、施策実施に当たっては計画段階からの徹底的な情報公開が必要である。また住民との懇談会や報告会もきめ細かく行う必要がある。さらに条例は住民を縛るものではなく、住民の権利を保障し住民の活動が円滑に行えるためにあるのであって、行政のためにあるのではないと言われたことに感心をしました。
一例としてゴミ最終処分地決定を取り上げ説明がありました。前述通り決定に至るまで情報公開を徹底し、会議、懇談会全てを公開にして行い。多くの批判や反対があったが、住民との話し合いを粘り強く行った結果、行政への信頼と理解を得ることができたと話された。説明された担当者は口にこそ出さなかったが、仕事に対する責任と誇りを強く持っていることが感じられ、住民の信頼を得て施策を実行することに大きな喜びをもっているように感じた。また情報公開の基本となる文書管理のシステム化には、閲覧可能な全ての資料にファイリングシステムを導入し、どのような資料の検索も直ちに誰にでも取り出せるように整理されている。このことは紛失や機密漏洩の恐れも少なくまた情報公開の面からも優れていると感じました。ニセコ町の方々は懇談会や住民会議など、多くの集会に積極的に参画し、自らが街づくりの中心にいるかのごとく街のことに関心を持っているように見受けられました。担当者はこれらを意識して町づくり基本条例を作った訳ではないが、実践した結果条例がついてくるという感じがしたと述べていました。


141014_01.jpg

図書館の前で
141014_02.jpg




大崎上島中学校生徒の商人体験

10月23日(木)
武蔵野市の友好都市であります広島県大崎上島町の上島中学校2年生の生徒が、地元の特産品の販売を通して、大崎町のアピ-ルしての体験です。
今年で、3回目になるイベントです。

20141023_02.jpg

20141023_03.jpg

生徒たちは、明日は、東京見物とかで、下町に上野、浅草に行きたいと話していました。
大崎町の特産品には、しいたけ、みかん、しょうゆ、銀杏、いちじくやブルーベリーのジャムがあげられます。

機会を作って、一度自然豊かな大崎町をおたずねください。

市民スポーツフェスティバルの開会式

10月13日(月・祝)   会場:武蔵野市総合体育館メインアリーナ
今年の開会式は、雨天のため、体育館メインアリーアで開催でした。

20141013_01.jpg

20141013_02.jpg

20141013_04.jpg

スポーツ功労者として、表彰を受けられた皆さん 
20141013_07.jpg

サッカー協会から、シニア部の片岡氏が受賞、おおめでとうございます
20141013_06.jpg

50年前の東京オリンピック開催時の、聖火ランナーとして、武蔵野市内の区間を当時走られた方です
20141013_05.jpg

遠野市視察

10月7日(火)~8日(水)
岩手県遠野市を視察してまいりました。
当初は、友好都市の酒田市と遠野市を訪問の予定でありましたが、あいにくの台風の影響を受けまして、酒田市への訪問を急きょ取りやめ、遠野市だけとなりました。
現在の遠野市の人口は、3万人弱です。行政面積は825K㎡

8日は、とおの物語の館見学と市立博物館の見学をいたしました。遠野市は古くから民話の里として、有名です。

141007_01.jpg

141007_02.jpg

141007_04.jpg

141007_05.jpg

141007_06.jpg

とおの物語の館の前で
141007_10.jpg




9日は、遠野市総合防災センターにて、本田市長から、3.11東日本大震災での、遠野市の沿岸被災地後方支援についての講演を伺いました。今回の訪問では、本田市長から、当時の沿岸被災地の後方支援の実態を伺うのが大きな目的でもありました。
今後起きるかもしれない首都直下型の大地震の発災時は、武蔵野市は都内と多摩地区との中継地点になります。
後方支援に実際当たるに際して、法律の壁、制度の壁、意識の壁をおおきく感じられたとのことです。確かにあり得うことです。

この総合防災センターは、総事業費17億円をかけて建設されましたが、その市からの支出の10億円の予算は震災の前日の3月10日の本会議で可決したということです。これも何か運命を感じます。

日ごろからの防災訓練の大切さ、そしてその訓練が、ここで大いに生かされたました。
陸上自衛隊東北方面隊震災対処訓練~みちのくALERT2008~、1億円をかけた訓練でしたが、この訓練により、遠野市の後方支援拠点としての位置づけや遠野運動公園の広さの必要性が実証され、実現すべき確かな計画として捉えるにいたったそうです。

141008_03.jpg

141008_02.jpg

141007_11.jpg

141007_12.jpg

遠野市にある「遠野ふるさと村」が、映画「蜩ノ記」のロケ地として設定され、遠野の地がフィルムに納められました。

武蔵野第三小学校の運動会

10月4日(土)
恒例の平成26年度武蔵野第三小学校の運動会が行われました。
台風が来るとういう予報もありましたが、当日は大変良いお天気に恵まれました。
児童生徒の、精一杯走る、頑張る姿は見ていて大変気持ちのよいものです。

2年生競技 ”おみこしわっしょい”
CIMG0918.jpg

4年生の競技 ”棒引き”  私が小学生のころは、棒倒しという勇まい競技がありました
CIMG0920.jpg

三小ジャパン 1年&2年生の演技  時代ですね。サッカーから”さむらいブルー”です
CIMG0924.jpg

校長先生&副校長先生も、綱引きにし出場し、健闘?されていました。ちなみに、この来賓・保護者・先生参加の綱引きは、白組赤組ともに譲らず、1勝1敗の引き分けでした。
CIMG0928.jpg

東小金井駅周辺の都市開発を視察

10月2日(木)
日本の勉強会で、JR東小金井駅北口土地区画整理事業を視察しました。

少し前までの東小金井駅北口とは、大きく変貌しようとしています。後数年もすれば、北口駅前には大きな公園も。
a href="http://blog-imgs-50.fc2.com/k/u/w/kuwazu/image1_00.jpg" target="_blank">image1_00.jpg

小金井駅方面に通じる降嫁したには、新しい店舗が
IMG_0012.jpg

この南側の小道はなかなか粋な小道です。以前からあった小道がうまいかされています。
IMG_0013.jpg

IMG_0014.jpg

ダイナミック日本地域フォーラムに参加のメンバーと
10月2日ダイナミック最終回集合写真
・・・・写真の写りがいま一つ、すみません・・・・

平成25年度の決算特別委員会

9月19日(金) ~25日(木)、4日間をかけての平成25年度の決算特別委員会の審査がありました。今年度の決算委員会には、昨年も委員として出席しましたが、今年も10人の委員の一人として、会派を代表しまして、出席いたし審議に加わりました。そして、9月30日で、第3回の定例本会議を終えました。
本会議の席でも、平成25年度の決算認定の賛成討論をいたしました。
その内容まとめは、「平成25年度の決算審議を通じ、概ね各分野における事業は着実に執行された。本市は他自治体と比べ財政援助出資団体が多く、補助金の支出が多くあるため、各事業をしっかりと検証いただきたい。また今後は、扶助費等の支出も抑制策の検討が必要である。下水道事業は大きく評価するものだが、今後の都市基盤の再整備や、少子高齢化による社会保障費増大への対応もあり、実施した事業の成果を検証し、常にゼロベースでチェックをかけ、健全な財政の維持に努めるよう要望する。」というものです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。