武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新クリーンセンターの起工式

4月14日(月)

新クリーンセンター(焼却場)の起工式が行われました。
現在のクリーンセンターの隣に、新工場棟と管理棟を建設します。煙突(高さ59m)については、既存の煙突を改修して使用いたします。
新クリーンセンターには、ストーカー式焼却炉が2炉建設されます。(現在は3炉ですが)
設計施工は、従来の業者である荏原環境プラント(株)、鹿島建設です。
全施設の工事が完了するのは、2019年度になります。既存のクリーンセンターの解体は、2017年度から2018年度にかけて行われます。

CIMG0194.jpg

CIMG0189.jpg

CIMG0173.jpg

CIMG0192.jpg

武蔵野市のごみの焼却施設が、このような場所にあるということは、国内でも稀有な例でしょうし、今回の新クリーンセンターの建設場所も同じ個所に建設されるとううことは、地域のみなさんの理解があってのことで、まことにありがたいことです。近隣のごみ焼却施設の建設で、住民のみなさんの理解を得られない自治体もあり、そのことで市長が退いたということも身近にみております。
スポンサーサイト

吉祥寺の杜 宮本小路公園

4月13日(日)
吉祥寺東まち町目、五日市街道沿いに、新しく「吉祥寺の杜 宮本小路公園」が、オープンしました。
旧宮崎家の跡地を、市が買い取り、公園にしたものです。

CIMG0146.jpg

CIMG0151.jpg

CIMG0148.jpg

CIMG0145.jpg

防災時対策としてのトイレやかまどベンチも設置されています
CIMG0144.jpg

CIMG0149.jpg

CIMG0150.jpg


吉祥寺駅の南北自由通路開通

4月13日(日)

待望の吉祥寺駅の南北自由通路が幅16mに、大きく拡げられて開通の運びとなりました。
13日は、その自由通路で、リニューアルの記念式典が行われました。
あわせて、”はなびの広場”にも、まち案内所が開設されました。
午後からは、記念のパレードやら、「機動警察パトレイバー」の実物大ロボットも披露されました。

2010年(H22年)からJR駅舎の改良工事が始まったのですが、ここにきてようやく工事が完工しました。

従前は、駅の北・南を結ぶ通路も曲がりくねっていたのが、ほぼまっすぐ道幅も16mと広げられ、回遊性も大きく向上です。

式典の様子
CIMG0130.jpg

CIMG0135.jpg

まち案内所も はなびの広場に新しく開設されました
CIMG0143.jpg

今日の呼び物は この”パトレイバー”でしょう。2万人を超える人が駅の交差点の周辺に集まり、もう動きができな状態でした。おかげで、すぐに警察からロボットを寝かせるようような指導も。
CIMG0154.jpg

立ち上がったパトレイバー、高さ8m
CIMG0170.jpg


吉祥寺駅周辺では、4月以降、京王電鉄ビルそして、大型商業ビルがあいついで開店です。駅の南北をはさんでの回遊性の向上とがはかられ、まちのにぎわいが増すことになりますが。
まだまだ大きな課題が残されています。南口の再開発を大きな構想を持って、10年・20年におよぶ開発になりそうですが、着実に手をつけていかねばなりません。


本田東公園の開園

4月12日(土)
吉祥寺東町4丁目の旧ポンプ場広場が、新しく本田東公園として開園しました。


CIMG0102.jpg

CIMG0110.jpg

CIMG0113.jpg


CIMG0104.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。