武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外環特別委員会の視察

1月14日(火)
外環特別委員会の視察を行いました。

国と東京都の担当者との懇談会の、その第1弾として、先月12月17日に、市役所にて、東京都が事業主体の「外環その2」地上部街路についての意見交換の懇談会を開催しましたが、第2弾として、国が事業主となる外環道路本線に関しての懇談会を持ちました。

今回は、懇談会に先立って、せっかくの機会ですので、シールド工法によるトンネルの現場も視察としました。
視察の現場は、2か所です。
①アクアラインの「海ほたる」にて、アクアラインの避難施設また、当時の工事の様子などの説明を受けました。
②現在工事中の中央環状線、首都高品川線の避難施設、トンネル内の工事状況を視察しました。
視察の後、③国の担当者との懇談会を、世田谷区喜多見の常設会場にて開催しました。

①「海ほたる」では、
東京湾アクアラインの建設途上での映像を見ながら、工事の工法等の説明を受けました。シールドマシーンの仕組みなどにつての説明も。その後、トネンル内での諸設備、とりわけ事故の対応、避難設備について、現場を案内いただき、諸々説明を受けました。

アクアライン内の避難用のスオープ
20140114_110727.jpg

避難の設備の説明を
20140114_110754.jpg

トンネル内の道路の床下にある管理道路・避難通路
20140114_110847.jpg

20140114_111408.jpg

アクアライン、東京湾の横断する延長約15kmの海底トンネルの有料道路です。建設費はおおよそ1兆2,400億円。
川崎側の約10kmがシールドトンネルで、木更津側の約5kmが橋梁です。トンネル部分は、直径14mで、海面下60mにも及ぶ個所もあります。今回は、外環道路の本線がシールド工法での大深度のトンネルということで、地下深いトンネル内での安全確保の仕組みを実施で確認をしたところです。

②首都高中央環状品川線のシールドトンネルの工事現場の視察
中央環状線の大橋JCTから大井JCT間は、シールド工法による延長約9.4kmのトンネルです。2014年度中には、完成し、中央環状線全線がつながる予定です。
道路トンネルの長さでは、日本で最長の18kmになります。やはり、地下トンネル内の防災安全対策と環境対策には、しっかりとした万全の配慮が求められます。

中央環状品川線の完成間近いトンネル内
20140114_133732.jpg

シールド工法によるトンネルのRCセグメント
20140114_133902.jpg

避難通路の説明をうける
20140114_134536.jpg

③喜多見の常設会場にて、国交省東京外かく環状国道事務所の副所長、計画課長、工務課長さんとの懇談会をもちました。
事前に国に対しての質問を提出しておりましたが、その質問への回答を説明願い、また再質問という進めで、約1時間半の懇談会でした。
スポンサーサイト

三小での「どんど焼き」

1月13日(月・祝日)    
恒例の青少協第三地区委員会主催の「どんど焼き」が開催されました。
昨年は雪で、体育館内での開催でしたが、今日は晴天で、第三小校庭で行われました。大勢のみなさんが参加されました。


DSC06529.jpg

DSC06535.jpg

DSC06536.jpg

DSC06537.jpg

消防団の出初式

1月12日(日)    会場:都立武蔵野中央公園

平成26年の新年を迎え、恒例の武蔵野市消防団出初式が、中央公園で開催されました。

昨年4月の役員改正で、村雲団長以下の新体制下での、出初式です。今日はお天気も良く、暖かい日で、良かったです。
一昨年9月から発足の女性消防団員も5名も参加でした。市内の消防団は、10分団260名の全容です。

DSC06520.jpg

DSC06523.jpg

DSC06525.jpg

DSC06527.jpg

DSC06522.jpg

DSC06519.jpg

歳末消防特別警戒の巡視

12月30日(月)

恒例の歳末消防特別警戒の巡視に参加をし、各消防団、消防署本署と消防署武蔵野出張所を廻ってまいりました。ました。
常任委員会で、総務委員会に所属をしており、総務委員として、市長や消防署長、消防団団長他の皆さんとでの巡視でした。
巡視途中で、消防団の出動という事件がありましたが、・・おかげで3か所は、出動中で巡視は中止となりました・・・
火災は、家庭内のゴミ箱に火がついたというもので、すぐに沈火になり、大事に至りませんでした。

市内には、消防団は10分団あり、いずこも歳末警戒に、尽力を願っているところで、その激励でもありました。
大変、御苦労さまです。ありがとうございます。

2013年は、ここ数年の間では、焼損床面積も多いとのことです。死傷者も2名でています。皆さん、火の元には十分に注意をしましょう。

今、武蔵野消防署と境出張所の新庁舎の建設が進められています。2014年の秋頃には完成の予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。