武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドソフトボールの大会

5月26日(日)    会場:都立武蔵野中央公園スポーツ広場

第13回全国障害者スポーツ大会「グランドソフトボール競技」リハーサル大会が、開催されました。スポーツ祭東京2013として、10月にこの地で開催されます全国障害者スポーツ大会を前にしてのリハーサル大会です。
本番さながらの大会運営が行われました。ボランティアのスタッフとして、地元の藤村学園のソフトボール部の選手、東京女子体育大学の選手たちにも、協力をいただきました。
お天気にも恵まれて、素晴らしいプレー、元気なプレーを見学しました。

CIMG0583.jpg

CIMG0588.jpg

CIMG0582.jpg

このグランドソフトボールは、視覚障害の選手と健常な選手がサポートとして加わってチームメンバーが組まれています。懸命に走り、スライディングも。障害をもろともせずに元気なプレーを発揮されていました。
本番は、10月の12日~14日に、この中央公園を会場にして開催です。
スポンサーサイト

春の市民体育祭ーミニサッカー大会ー

5月26日(日)   会場:武蔵野総合体育館メインアリーナ

今年の春季市民体育祭、ミニサッカー大会が開催されました。
女子の部・・6チーム,シニアの部・・6チーム,一般の部・・・6チームが参加をしての屋内でのミニサッカーの大会です。

シニアもママさんたちも、いい汗をかいて、ミニサッカーを楽しんでいました。

CIMG0602.jpg

CIMG0607.jpg

どこかの?ママさんチームのGK、いつもはバレーを楽しんでますが、今日はサッカーのGKとして活躍でした
CIMG0592.jpg

どこかのママさんチームのみなさん、今日の成績は?
このチームには、アンダー15の選手が数名参加していました。
CIMG0596.jpg

今年の春のミニサッカー大会も、大勢のみなさんに参加を頂き大いに盛り上がった大会でした。メインアリーナも、黄色い声や楽しそうな話声で一杯でした。
運営の市サッカー協会の役員の皆様、一にご苦労様でした。けがもなく、良かったです。
スポーツを盛り上げ、まちをもっと、明るくしましょう。元気な街を!

先日は、三浦雄一郎さんが、80歳でエベレストの最高峰に登頂。素晴らしい快挙です!元気な高齢者ですね。鍛えが違うのか、三浦さんの体力は、30歳代とか20歳代の平均以上とか。
高齢者になっても、元気でいろんな分野で活躍を願えるように、スポーツを楽しんでいただきたいです。そうした環境作りに、力をそそがなくては。

本宿小学校の春の運動会

5月25日(土)

本宿小学校の運動会が開催されました。お天気に恵まれて、児童も張り切っていました。毎度のことですが、応援の保護者、お爺ちゃん、おばあちゃんもたいへん多かったです。最近は児童数よりも、応援にお見えになる方の人数のほうが多いようです。

CIMG0561.jpg

CIMG0565.jpg

CIMG0567.jpg


水防訓練・地震対策ひろば

5月18日(土)   会場:むさしの市民公園

水防訓練が行われました。あわせて、地震対策ひろばも開設されました。

家庭で出来る水防技術訓練、マンホール噴出防止工法、改良積み土のう工法などの訓練が披露されました。

CIMG0533.jpg


CIMG0554.jpg

訓練を終えての市長からの講評
CIMG0555.jpg

訓練に参加の皆様、大変ご苦労様でした。こうした地道な訓練が、いざという場合に活かされるんでしょう。無いほうがいいですが。

境南小の校庭芝生化

市立境南小学校の校庭の一部が、芝生化されました。
校庭が二つある境南小ですが、下段にある校庭の一部が芝生化されました。一度、平成19年度の事業として計画されたものですが、平成24年度の事業として再度事業化を図り、行ったものです。約事業費は、400万円。すべて東京都の芝生化事業からの補助金を使ってのものですが。

この小さな面積の芝生化なら、何も造園業者に委託せずとも、地域の力の協力を得ればできるんじゃないかとも考えます。400万円を投じなくとも、もっと経費を節約できた事業ではないかと。
この芝生の今後の管理についても何かしら、地域のみなさんの協力を得ること考えているんでしょうか?なにも見えてませんが。

何かしらの創意工夫とか、情熱のこもった事業には見えない今回の境南小の校庭芝生化事業です。残念です。

*境南小からの申し出で、芝生の紹介の写真はカットしました。写真に児童が映っていたからだと思います。(6/13)

武蔵野陸上競技場で、芝生のポット苗づくり

5月18日(土)  会場:武蔵野市陸上競技場

ほぼ1年ぶりでしょうか、芝生のポット苗作りの作業のお手伝いを、フィオーレ武蔵野FCの女子中学生選手のみんなで行いました。
今の時期、学校のテスト期間中もあり、参加選手は少なかったのですが。それでも30人近い選手が手伝ってくれました。

このポット苗、約1か月後には、しっかりと根がついた立派な芝生に成長します。また、その頃には、今度は、競技場の傷んだ芝生の個所に、このポット芝を植え付ける作業をします。

使うばかりではなく、芝生と仲良しに。優しく、芝生と友達になりましょう。

芝生の管理をする来島さんのお話を伺って、これから開始です
写真-3

作業を楽しむみんな
写真-0

芝生を小細かくちぎって、ポットに植え込みます
写真-2

1ヶ月後には、このようにしっかりと根を張った芝生に生育します
写真-4

ご褒美で、フィールで参加選手のみんなで、紅白戦を楽しみました
写真-5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。