武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設委員会

11月24日(木)
12月議会前の建設委員会が開催されました。今回は、行政報告です。
とりわけ、関係するのは
①東町の法政講堂跡地に建設予定の雨水等の貯留槽の関係の行政報告です。
・この合流式下水道改善施設の貯留槽の規模が変更となりました。
 当初計画は、10,000㎥ ⇒ 8,500㎥ に縮小です。
 雨水の浸透量の見直しと工期の関係です。
・この潮流層の施設を設置にあたって、地元住民の皆さんの意見を反映させるために「吉祥寺東町1丁目下水道施設建設協議会」が、設置となりました。住民側11名、行政側2名、新都市建設公社(工事請負業者)から1名の14名で構成されます。
②東町1丁目に新しく公園用地を取得の報告・・いったんは武蔵野市土地開発公社が契約・購入となります。
宮本小路から五日市街道に出る角地、約1719㎡の面積になります。
来年度には、地元の皆さんとのワークショップを開催、平成27年3月には供用を開始の計画です。
公園用地としての購入で、1/3を国からの補助金で賄います。
③都道の女子大通りの四軒寺交差点の改良事業について
交差点から190m区間の拡幅整備です。これにより、交差点での渋滞緩和を図るというものです。また同時にこの間の歩車道の安全性を高めるための段差解消などが計画されています。おおよそ5年間をかけての事業となっています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。