武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑町のスポーツ広場

4月5日に 緑町スポーツ広場の開設式典が行われます。

7日より、市民の皆さんにオープンとなります。
4月1日号の市報の第1面に詳しく掲載されております。

090329 001

090329 002

半面の大きさは、コートのが 19m×25m
全面にすると 25m×40mになります。

この施設は有料で、半面2時間 3000円
            全面だと 2時間 5000円 となっています。
個人利用もありますが。
団体使用の予約は、スポーツ振興事業団にて受け付けます。
4月中は、試行期間ということで、無料ですが。フットサル用のゴールも設置されますが、フットサルだけでなく、グランドゴルフやゲートボールなどのスポーツを大いに楽しんでいただきたいです。

こうした施設も、市内の東部地区にも1か所欲しいものですね。
これから、暖かくなります。大いに戸外で、スポーツを楽しみ、コミュニケーションを深めてください。
スポンサーサイト

SPRING has come

3月29日(日)

3月議会の第1回定例議会を27日で終えました。新年度の予算についても、予算員会での審議を経て、議会でも可決いたしました。おって、このブログでも報告をいたします。

やっと、春めいて参りました。
本宿桜まつりが、本宿小の校庭にて、行われました。
ちょっと風を受けるとまだ寒さも感じますが、いいお天気に恵まれ、地域の皆さんも、大勢がおいでになりました。

090329 003

090329 005

校庭の桜も、まだ満開とはいってません。今週末が見ごろでしょう。
4月5日の武蔵野市の市民公園での”桜まつり”は、ちょうど満開でしょうか。


午後からは、第3中学校の吹奏楽部のスプリングコンサートが、体育館で開催されました。
ちょっと暗くて、わかりにくいかもしれませんが、演奏会の様子です。三中の吹奏学部も、活躍しています。昨年のコンクールでは、予選で金賞を、都大会でも銀賞を頂いたとのことです。

090329 008

090329 006

ゲストのMJJE(ムサシノ ジャズ アンサンブル)の皆さんの演奏です
第三小のOBで結成されたジャズバンドで、親父バンド(MJO)、母親バンド(MFF)もあるそうです。
090329 009


夜は、吉祥寺第一ホテルで、前都議会議員の”オミノ安弘さんの躍進の集い”がありました。
大変大勢の皆さんが、応援にご参加でした。
この7月には、都議会選挙があります。オミノ安弘さんは、前回の雪辱を期して、この4年間頑張ってきておられます。7月には、小美濃さんにも”春”がくることを、期待しています。



西川口駅前を視察

2月20日(金)でしたが、西川口街づくりステーションを視察してまいりました。
吉祥寺東部地区街づくり協議会の研修としての視察に参加をしてきたものです。

一時期は、JR西川口駅前一帯は、風俗関係の店で、環境がたいへん悪化しておりましたが、埼玉県検察の一斉摘発で、200余の違法風俗店が姿を消しました。その結果、まちは「安心・安全」の観点から一定の成果を挙げましたが、違法な性風俗店の排除などに伴い、駅周辺地域には、空き店舗、空き部屋が目立ち、賑わいがなくなったということです。そこで、地元の商工会議所が中心となって、再び活気を取り戻そうと、地域再生事業「西川口・安全で明るい街経の再生」への取り組みに付いてのお話を伺ったものです。

街再生の一環としてのシャッターに絵を描く「アート作戦」です。未だお店がオープンしないでいる空き店舗のシャッターに、中学生ほかの学生の手で、絵が描かれていますが。
090209 051

090209 052

西川口駅周辺は、なにかしら、さみしい街の様相でした。古い建物を残したまま、その中に新しいにぎわいを創出するのは、大変厳しいことだなーと受け止めてきました。周辺地域一体のスクラップ&ビルトを試みないと、難しいのではとも考えましたが。

西川口視察の後、今話題の AEON Lake Town(越谷)を見てきました。
敷地面積が約26万4000㎡、3階建ての建物です。大きく2棟が建っています。
ジャスコをメインに、その他大変の多くのショップが、映画館、医療関係も入っています。
090209 055

都心の一流デパートと同じ様なお店が、出店です。
090209 054
この周辺は、越谷レイクタウンとして、約22000人の住む街づくりが進められる事業です。
こうした大型商業施設を見るにつけ、従来からある商店街のことを考えると、開発ばかりでいいのかとも考えます。
武蔵野市内には、こうした大規模なショッピングモールをオープンする場所もないようですが、一歩外に出ると、最近はこうした大型ショッピングモールを見かけます。こうした状況を見るにつけ、一層武蔵野市では、武蔵野らしい?活性化を図っていくべきとの考えが湧きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。