武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東部フェスティバル

9月20日(土)        
武蔵野第三中学校の校庭と体育館にて、東部フェスティバルが開催されました。
今回は、『防災』がテーマでした。

可搬式ホースの放水の訓練
東部フェスティバル 001

市の防災安全部の堀井部長から防災にお話を伺いました
東部フェスティバル 005

肝心なのは、初期消火です。ことがあれば、まずは火を消しましょう!という話です。それから、自宅に飲み水(3日分くらいの)の用意を常に準備をということです。ペットボトルの飲料水の貯えをしましょう。

スポンサーサイト

決算員会/総括質疑    邑上市長は調整型?

9月19日(金) 平成19年の決算を審議する決算特別委員会が開催されました。
今特別委員会では、私の所属する市民クラブからは2名(寺山氏、土屋氏)がメンバーとしてのぞんでいます。そして、土屋美恵子氏が今特別委員会の委員長に就任しました。

19日は、総括・人事・歳入・議会費の審議が行われました。
審議では、『市民参加』に関しての質問が、多くありました。興味を持った質問では、Y委員の前市長と現市長との違いはどうかという質問でした。副市長から答弁がなされましたが、前市長はトップダウン型といわれてきたが、重要な政策決定にはかなり悩みを持たれ、気を使っておられたように伺えたと、そして現市長は市政にかかわってこられた方ではないので、職員がそうした面を支えてきている、調整型と受け止めています、というような答弁でした。
副市長は、現在の市政運営にあたって、その中心となり、まとめ上げている方ですが、その副市長から、現市長は調整型というコメントでした。
私は、一般質問や機会あるたびに、今の時代に勝ち残るために、武蔵野市政を運営・経営にあたっては、邑上市長にはもっと強いリーダーシップを求めると発言しております。市長自らがリーダーとして、信念をもって市政にあたるべきであり、市民参加、市民の声を聞く事を否定するものではありませんが、時として信念を持っての独断的なことがあってもいいと考えています。
調整型の市長では、太平の時代ではいざしらず、今の自治体にとってきびしい環境が続く中では、困ると考えます。歴史を見ても、戦国時代のリーダーに調整型はいません。今大きく国の政治が変わるかもしれない戦国の時代です。邑上市長には、強いリーダーシップを持っていただきたいと考えます。



第6回武蔵野市国際オルガンコンクール

9月16日
第6回武蔵野市国際オルガンコンクールに出場の18名の皆さんを歓迎するウエルカムパーティが行われました。
4年に一度、開催されています。日本にて開催される唯一の国際的なオルガンコンクールです。
このコンクールの開催に際しては、武蔵野市も援助をしております。
平成19年度は、開催準備のために、300万円を、平成20年度は開催に際して500万円の予算を組みました。

今、各地での予選を勝ち抜いた18人の皆さんが、最終の予選、本選に健闘されています。
27日に、市民文化会館で本選が行われ、優勝者が決まります。

080914 017

吉祥寺秋祭り

毎年恒例の吉祥寺秋まつりです。  9月13日~14日の2日間行われました。

吉祥寺周辺の商店会が主になって、多くの神輿が参加です。
やhり、いつ見ても、わくわくしてきますね。日本伝統のの良さを、日本人をあらためて実感します。

080914 007

080914 014

シニア サッカーリーグの開幕

9月14日(日)    会場:武蔵野中央公園スポーツ広場

平成20年度の武蔵野市サッカーリーグのシニアリーグが開幕しました。
今年度は、1チーム増えて、6チームでの総当たりのリーグ戦が、來春までの期間の予定で行われます。

080914 003


開幕戦のセレモニーでは、昨年度のリーグ戦(さくらカップ)の表彰も行われました。

080914 004

シニア選手の皆さん、いい汗をかいておられました。
こうした環境の一層の充実に向けて、力を注いでまいります。

総務委員会

9月9日(火) 委員長を務めます総務委員会が開催されました。

議案は、
「武蔵野市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例」などの6件の議案については、字句の修正という内容であり、全員賛成で採決されました。
もう1件の「平成20年度武蔵野市一般会計補正予算」の総務委員会所管分の審査についても、全員賛成で採決されました。

陳情については、新たな4件と従前からの継続の陳情の2件、計6件の陳情の審査が行われました。
・「拉致被害者救助に関する陳情」については、全員一致で不採択となりました。
 ⇒拉致問題については、早期解決を求めるための行動は理解できますが、武蔵野市が北朝鮮に対  してとか また、核武装をという点があり、不採択でした。
・「協同労働の協同組合法の速やかな制定を求める意見書の提出に関する陳情」については、継続 審議となりました。
 ⇒国会にて審議の予定でもあったようですが、こうした情勢ですので、今少し時間をいただいて、検  討をということです。
・「地方消費者行政の抜本的拡充に必要な法制度の整備及び財政処置を政府などに求める意見書  を提出することに関する陳情」と「消費者行政の体制・人員・予算の抜本的拡充を求めることに関す る陳情」についても、継続審議となりました。
 ⇒こちらについても、今少し時間をいただいて、検討をということです。

・また、前回からの継続中の陳情・・原発に関係する六ヶ所村の再処理工場の稼働の中止とその閉鎖を求める意見書提出に関する2件の陳情についても、継続審議となりました。

第3回の定例市議会の一般質問

9月3日から、第3回の定例市議会が開催されます。
3日と4日は、各議員からの一般質問です。私も一般質問の通告書を出しておりますが、今回は2番目で質問を行いますので、3日の午前中です。お時間があれば、中継でも見ていただければ。
2日間で、15人の議員からの一般質問が行われます。また、今9月議会では、平成19年度の決算を審議する決算特別委員会もあります。

今議会での一般質問は、「武蔵野市の交流」について伺います。
今日まで武蔵野市が進めてきた地方自治体との交流、また国際交流などについて、従前の友好・親善のスタイルから、これからは互いの自治体が勝ち残るために、互いの自治体の持つ資産を公開し、互いに活用を図って、もっと戦略的に交流を図るべきと考えての質問です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。