武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業ふれあい公園の長屋門のオープン式典

4月27日(日)に 関前5丁目にあります”農業ふれあい公園”の管理棟が完成しました。
管理棟として、江戸時代の趣を残した”長屋門”の復旧をして、ここに建てられたものです。

江戸末期に建てられたものを平成元年に解体して、ここに復元させたものです。日本古来の伝統的な木造工法で立て直しをされています。建物の中は、まだ木のなんとも言えない香りと雰囲気で一杯です。心も癒されます。

長屋門の入口での記念写真
080427長屋門 016


門をくぐって、裏庭から見た長屋門です。
080427長屋門 004


昔育った傾いていた家屋を思い出しました。ぜひこのようにして次代に残せるものは、大切にしたいです。
スポンサーサイト

武蔵野第三中の芝生

武蔵野第三中学校の校庭の一部が芝生となりました。

平成19年度の事業で、第三中学校と第一小学校の校庭の一部を芝生化する事業が予定されていました。東京都が推進する事業でもあり、都からの補助金も出ております。
いつ芝生化の工事がなされるのかと、見守っていたのですが、3月の末に工事が終わりました。
あとは、暖かくなって、夏芝が成育するのを待つ状態です。

三中の芝生 003


三中の芝生 004


校庭の北側の500平方㎡に芝生が植えられました。緑いっぱいになって、ここで寝転がり、青々とした空を眺めてください。お昼をここで、ゆっくりと寝そべって、休んでください。サッカーのゴールキーパーの練習もできますね。
国や東京都でも推進している学校の校庭の芝生化事業でありますが、校庭の全面芝生化については様々な意見、問題点がありますが、武蔵野市でもやっと取り組みがスタートしました。この事業は地球温暖化対策のひとつでもありますが、それ以上に、この芝生から心が癒されることもあろうかと考えます。日当たりのよいこの場所での芝生化を試みたものです。いい結果が出て、もう少し広がればいいな~と思っていますが。

平成20年度の予算においても、小学校1校(この近くの小学校)でも、校庭芝生化事業が計画されています。低学年の児童が、裸足で芝生を駆けまわる光景は、想像しても楽しいものです。

武蔵野桜まつり

恒例の武蔵野市の桜まつりが、開催されました。
4月6日(日)   会場:市民公園

大変穏やかな御天気に恵まれて、大勢の市民の皆さんが会場においでになりました。
過去最高の3万7千人もの方が来場されたとのことです。

080406さくら祭り 012


080406さくら祭り 013



壇上での近藤議長のご挨拶    存在感いっぱい、画面いっぱいとなる近藤議長です。
080406さくら祭り 005


私たち市議会議員も、紹介にあずかりました。
080406さくら祭り 009


水道部の渡辺部長と 渡辺部長ははっぴを着て、武蔵野の水のPRに懸命です。
080406さくら祭り 007

予算の賛成の討論

3月27日は、第1回定例本会議の最終日でした。今本会議は、予算特別委員会も会期中にもたれたので、たいへん長い会期日程でした。
予算特別委員会に委員として加わり、本会議では会派を代表しての討論を行いました。その討論のまとめを紹介いたします。

『強いリーダーシップを発揮し、議会の信頼を得る努力を』
 予算には賛成するが、予算審議の中の市長答弁の事業推進の指針が明確でないこと、市の経営効率向上を図る取り組みが見受けられないこと、中学校給食や桜野小学校校舎増築など重要な事業の開始に際し、市をあげて全力で取り組んでいる様子が見えず、市議会への対応にも問題があったこと、市長交際費の額の設定や考え方に説得力がないことは問題と考える。市長は議会や職員との信のある関係をよく考え、市政の経営・運営に当たって欲しい。

予算委員会では、予算については、全員が賛成するも、"中学校給食の審議を踏まえ、今後実施にあっては市長部局と教育委員会と一致連携を図り、速やかに財政計画を示すように強く求める”とい付帯決議を共産党退席の中、全員一致で可決しました。
尚、昨年度の予算委員会でも同様に付帯決議がついての可決でありましたので、2年続けてです。

代表質問 その2

先の第1回の定例議会で私は、会派の代表質問を行いました。既報ですが。
その内容についてのまとめができましたので、あらためてここに記載いたします。

『おおきな視点で吉祥寺のまちづくりの推進を』
問:吉祥寺のまちづくりについては、駅舎改修に伴う南北自由通路の整備や南口の再開発、南口暫定広場の整備、公会堂の建てかえ、商業ビルの更新、北口周辺の地下計画など多くの課題がある。それぞれの問題を個別に解決するのではなく、全体を視野にいれた構想を練り、市長が前に出てまちづくりを推進していく必要があると考えるが見解を

吉祥寺グランドデザインを策定したので、それを実現するという大きな方向性のもとで、都市交通基盤を含め、まちづくりを推進したい。地下利用についても、駐輪場や荷捌き場としての可能性など、あらに検討を進めていく。

問:緑町スポーツ場(仮称)の開設を評価するが、今後の生涯スポーツ環境のさらなる充実と、本市におけるスポーツ文化推進について、市長の所見を

今後、スポーツ振興基本計画(仮称)を策定する過程で、本市におけるスポーツ文化のあり方について議論し、スポーツ振興を図っていきたい。

問:市政を運営する上で、経営の視点が重要であると考えるが、市政方針の中に「経営」という言葉の記述がないことについて、市長の見解は

経営の視点の重要性は認識している。歳入の確保に努め、事務事業の見直しにあったても経営的感覚を重視して、今後の市政運営に臨みたい。

問:市長は持続可能な環境共生都市を目指すとしているが、市内での取り組みに加え、自然環境の残る地方の友好都市と一体となって、温暖化対策などを進めていく考えはないか

これまでも奥多摩やハバロフスクでの植林の実績があるが、市内で増やせない分の緑を他の自治体で増やす取り組み等も検討していきたい。

このほか、中学校給食、中央圏のまちづくり、市民参加、健康づくりなどのついても質問をいたしました。

武蔵川公園のボール遊びもできる公園、オープンまじか

武蔵川公園(境5丁目)の新規オープンが4月5日です。
開園式が午前11時半から行われます。
080402 009

親子でのボール遊びもできる、青年たちもフットサル(15m×25m)を楽しむことができる公園です。
廻りは、ドッグランの公園スペースもあります。
ここには、トイレもそなえられ、ベンチもあります。フットサル用のゴールもあります。

080402 012


080402 014


皆さんで、親子で、仲間同士で、楽しく汗をかける公園にしたものです。利用される皆さんもお互い譲り合い、そして近所の皆さんに迷惑をかけないようにお願いします。
こうしたボール遊びもできる公園を市内に、もう少しあってもいいかと考えます。とりわけ、東部地区にはこうしたスペースが全くないので、欲しいところです。

落書き消しちゃい隊

・4月1日 朝にありました”落書き消しちゃい隊”のボランティア活動に
朝9時から10時前の時間帯で、商店のオープン前に、シャッターの落書きを消しましょうという運動です。地元商店街の皆さんとで、一緒に参加しました。この春休みには、大勢の子供たちも参加して、街をきれいにしていただきました。

080402 031


ダイヤ街の商店のシャッターを薬剤を使って、ごしごしと落としました。シャッター自体にお店がデコレーションをされているシャッターには、落書きはほとんど見られませんでした。何もないシャッターには、落書きしやすいようです。
080402 032

この落書きも、きれいに落ちます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。