武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会運営委員会の行政視察

報告が遅れましたが、10月末~11月初に、議場のバリアフリーと議会基本条例を学びに視察に行ってまいりました。

10月30日(火) 兵庫県宝塚市を ・・・・議場のバリアフリーを実地に見てまいりました。
実は、この宝塚市は私の生まれ育った郷里です。高校を卒業するまで、ここで育ちました。
この機会に皆さんにちょっと私の生まれ故郷の宝塚を紹介をさせていただきます。
武庫川が街を流れ、六甲山系のふもとに立地します。武蔵野市と大きく違って、山、坂、大きな川がある街です。交通は便利で、大阪から神戸からも小一時間です。阪急(電車)が街づくりに大きく関係した市です。しかし、阪神大震災以降、大きく街は変わってきました。宝塚の名物の宝塚動物園もなくなり、以前から山の上にまで、マンション群がみられていましたが、街中にもマンションが立ち並んでいます。地震で倒壊したところにマンションが立ち並んでいます。100mの高層マンションも見られました。ちょっと残念、昔の風景が懐かしいところです。

武庫川の橋の上で  子供のころは、この川で泳いでいました。魚釣りもしました。
議運視察 019


その昔は、このような立派な橋ではなく、小さい頃は台風の影響で増水し、橋が流された記憶もあります。この両岸に、温泉旅館が立ち並び、結構にぎわったものでしたが、今は旅館は1軒だけです。
議運視察 宝塚018

ぜひ機会がありましたら、宝塚を訪れてください。宝塚歌劇はここが本拠です。大劇場はまだあり、大人気の劇場です。

宝塚市議会の職員の方から、議場のバリアフリー対応を説明をいただきました。
議運視察 宝塚013


議場内です。質問に立つ演壇
演壇が、車椅子をのせたまま、せりあがるようになっていました。この昇降機は120万円ということです。
議運視察 宝塚004


迎えに来ていただいたマイクロバスも、車椅子も乗車できるようなリフト付きのマイクロバスでした。
議運視察宝塚 003


10月31日(水) 大阪府豊中市を ・・・・議場のバリアフリーを視察
豊中市の議会は、庁舎と別棟で議会棟として建てられています。

議場での質問に立つ演台は、せり上がりですが。宝塚市のそれとは少々違ったものです。
このステップレーターの工事費は当時で270万円、議場内のスロープ設置の費用で130万円くらいかかったとのことでした。
議運視察豊中022


議場内にもスロープを設けてはいますが、介助の専任の方がつくシステムです。
議会の傍聴の席にも、車椅子対応のスペース確保がなされています。傍聴席に上がる際の電動階段昇降車も設置されてはいますが、まったく使用されていないということです。
今は車椅子を使用の議員さんがいらっしゃらないとうことで、拝見した設備は使用はされていません。

ちなみに、豊中市役所の隣に、府立桜塚高校があります。この高校(旧桜塚女子高校)は、私の母親が卒業した学校でした。立派な高校でした。

11月1日(木) 三重県伊賀市を訪問し、議会の基本条例制定についての勉強をしてまいりました。

*現在、議会では議会にある7階にバリアフリーのトイレを設置の協議を進めているところです。今回の視察先でのトイレのバリアフリーの実態を大いに参考とさせていただいて、何かしらトイレ談義に盛り上がっているところです。
武蔵野市役所の7階にこうしたバリアフリーのトイレを設けるについて、業者に見積もりを取っているのですが、いくつかの場所、方法の検討をしてはいますが、いずれも1000万円近くかかるとの報告です。
スポンサーサイト

都市計画審議会

武蔵野市都市計画審議会が、20日に開かれまして、地区計画の審議が3件ありました。
特に注目するのは、今吉祥寺東町にマンションの建設の計画が進められている地区の地区計画です。皆様よくご存じの内容ですが。
市の計画案をこの審議会では、承認されました。これをもって、都市計画決定がされ、12月議会にこれにそった建築規制条例案が議案として上程され、可決見込みで、来年の1月の施行という段取りとなります。

地区計画は一応の決定を見ることになりますが、マンション建設にかかわる問題は今後も起きてくるでしょう。また法政通りの西側用地の問題もまだ確定はしておりません。引き続いて、地域の住環境に大きな影響を与える問題として、取り組みをしてまいらねばと考えています。

この会議を傍聴してまいりましたが、採決は無記名投票です。結果は承認8、不承認3、白紙1ということでした。委員の1名が途中退席し、採決に加わっていませんが。
審議の内容や、案件についてではないのですが、採決結果には若干?と受け止めました。
審議の中で、まだ承認できないという趣旨の発言をされた委員2名の不承認は理解できますが、もう1名の不承認をされた委員さんですが、他に審議の中ではそのような意見を述べられた方がいないということです。やはり承認なら、納得ということでさしたる意見も述べらることもないということも考えますが、不承認ならはっきりと不承認の点をただすとか、自身の意見を述べて頂きたいと考えます。また、白紙投票も理解できません。承認、不承認の態度はいずれかはっきりと表明すべきで、白紙の考えが納得できませんでした。

あとの2件は
・桜堤地区の地区計画です。こちらは承認11、不承認2でした。
・都市計画生産緑地地区の変更、農地の用途変更(相続などによるものでしょうか)について です。この議案については、席におられた委員さん、全員承認でした。

新郎の父親を

先週の17日に、長男が結婚式を挙げました。
当然ですが、はじめての役をつとめました。親の責任を果たしかと、ホットし、安心したところです。今の結婚式・披露宴は、自分たちのころと大いに違ってまいりました。出席願うのも友人中心の式です。ご挨拶では、主賓にはお願いするのですが、今回は友人たちからのスピーチがないのは驚きでした。皆さんに祝っていただき、感謝するところです。

無事、式もフィナーレを迎え、新郎の御礼の挨拶
新郎の父親としても、皆様には御礼の挨拶を申しあげました。
昇平結婚式 171


関西/兵庫の川西から祖母(私の母親)、おじさん(私の弟)も出席して
昇平結婚式 117


息子夫婦は、当分は武蔵野市には住みません。やはり今の給料では、住めないとか。
武蔵野市から、また若者が一人出ていきます。この春に結婚した息子の一番の友人も、両家の親御さんは、武蔵野市の吉祥寺東町、南町にお住まいですが、今は本人たちは西東京市に住んでいます。聞くと、武蔵野市では家賃などが高くて住めないですよと、探しもしなっかったとの話でした。税金も高いしとも、これにはそんなことはないとよく仕組みの説明をしときましたが。
住みたい街、一番に挙げられる武蔵野市ですが、若者が住むのは難しい市、何でしょうか。
難しい課題です。

高齢者障害・視覚障害などの疑似体験

さる15日、武蔵野市議会議場をお借りして、高齢者の方の不自由さを、視覚障害をお持ちの方の不自由さを、また車椅子を使っての歩行(移動)の不便さなどを体験をしました。

高齢者の疑似体験ですが
1115障害者疑似体験 006

耳栓をしたり、目にゴーグルをしたり、手足にはサポーターを巻いたり、おもりをつけたりして、
80歳くらいの方の身体を想定したものです。
この恰好で、お風呂に入るのを想定して風呂おけに入りましたが、大変難しかったです。

私の母親が81歳で、一人暮らしです。たいへん元気でありますが、足(膝)が不自由で、杖をついての歩行です。よく母親の苦労がわかりました。

アイマスクをつけて、水を飲んだりケーキを食べたりもしました。食べる難しさが先行して、食べ物の味を楽しむまではいきませんでしたが。
武蔵野市では、全国でただ唯一本市だけ、視覚障害生活訓練専門の(嘱託)職員を雇用して、丁寧な訓練情報提供、実際の訓練指導などを行っているということです。このことは、うれしく、誇らしく伺いましたが。

車椅子も、電動(時速6kmで歩可能)椅子、手動、また介助を願っての歩行の3種の車椅子の体験もしました。車椅子では、ほんの数cmの段差でもそこそこの衝撃を覚えるものでした。

バリアフリーの問題については、議会でも議論になります。あらためてこの体験を踏まえ、サポート体制の支援なども含めての議論を深めなくてはとの思いです。

第27回むさしの青空市

11月11日(日) 市民公園にて、恒例のあおぞら市が行われました。残念がら青空とまでいきませんでしたが、準備の皆さんの気持ちが通じたのでしょうか、小雨もありましたが、大変大勢のお客で賑わっていました。

武蔵野市が交流を結ぶ市、町からの特産品の出店もありました。
1111活動 011


市内の農家でもこのような立派なお野菜が作られています。
1111活動 017


お芋は、崩れないように、そっと戻しました。
1111活動 009


外環道路をヘリコプターで視察

11月9日(金)   外環道路特別委員会の視察に、加わってまいりました。 
今様々な議論が進められている外環道路をヘリコプターで、また千葉外環道路の工事が進められている工事現場の視察です。私にとっては、このヘリでの視察は2度目でしたが。

当日は、若干の曇り空でしたが、ヘリも飛び、外環全体像を把握しました。
ヘリ搭乗113


あの松戸の”矢切りの渡し”の近くの工事現場
大深度ではなく、半地下の”掘割スリット構造”で、進められています。上部は、国道、環境保全空間となっています。
矢切り010


矢切りの工事現場を上空から見たところです。
矢切り019


市川市高谷地区  
この箇所が、外環道路の千葉県部分の関東自動車道路とのジャンクションです。
手前にある建物はクリーンセンターです。
現在の三郷ジャンクションからこの高谷までは、平成27年度の開通予定で、工事が進められています。
高谷015


三郷ジャンクションを上空から  
大泉~供用されている外環道と首都高と常磐道とのジャンクションです。 
左手は、今開発されている大規模商業地域です。
三郷上空024


大泉ジャンクションを上空から
外環道路と関越道とのジャンクションです。今は吉祥寺からこの大泉ジャンクションまで、通常なら30分前後で行くことができるようになりました。環8も井荻トンネルの開通で、以前よりは渋滞も少なくなりましたので。
大泉043


武蔵野第三中学校を上空から  手前に、今問題の法政跡地の校舎解体工事の内部の様子も伺えます。
三中049


井の頭公園を上空から  
井之頭公園051


JR吉祥寺駅周辺を上空から    ちょっとわかりにくいでしょうが。
吉祥寺上空052



JR三鷹駅周辺を上空から  今工事が進められようとしている北口超高層マンションスペースもうかがえます。
三鷹054


JR武蔵境駅を上空から    武蔵野プレイスの建設予定地も見えます。
武蔵境上空058


武蔵野市役所周辺を上空から
市役所上空から070


今回は、視察時に撮影しました写真を紹介しました。
外環特別委員会で、今後も慎重に審議が進められていきます。
とりわけ、トンネル上部の外環その2については、早期に武蔵野市の考え方をまとめて行く必要があるでしょう。

Mu~SHOPの認定式

11月1日(木) 第1回の『Mu~SHOP』の認定式が行われました。
武蔵野市商店連合会が、市内で小さいながらも努力をして、地域に貢献して、キラキラ輝いているお店を『Mu~SHOP』と認定し、皆さんに紹介して、利用していただき応援を願いたいというものです。
約100人の公募モニターの皆さんが、実際にお店を訪問して、自分の目で、耳で、舌で確かめながら審査をされてお店です。第1回の認定は、114のお店が選ばれました。物販、食品販売、飲食業、サービス業を営むお店です。吉祥寺地区で63店、三鷹地区で26店、境地区で25店です。
認定を受けたお店には、キャラクターのムーちゃんのステッカーが貼られていますので、お分かりいただけます。ぜひお近くで、良くご存じのお店も多く認定されていますので、覘いていただきたいと思います。
JR三鷹駅中にも人気のショップができます、JR吉祥寺駅もロンロンの人出は大変多いです。昨今JRなどのエキナカショップが大賑わいですが、やはり地域のお店が、商店街がにぎわっていただかないと街の活性化、元気につながりません。このムーショップは、2年に一度見直されるということですが、地元で元気の頑張るお店を応援していきたいものです。

MU-SHOP 001


武蔵野市は、今後都市観光に力を注いでいきます。こうしたムーショップに代表されるような商業施設での買い物や飲食も含めて、芸術の鑑賞・体験、スポーツも含めての各種のイベントへの参加、文化・歴史にの学習など、多様な武蔵野市の魅力を楽しんでもらおうというものです。そして、市民の皆さんと来街者の交流を深めて、まちの賑わいを図り、まちづくりを更に活性化を考えています。

吉祥寺イルミネーションの点灯式

11月3日(土) JR吉祥寺駅北口広場に、恒例のイルミネーションが点灯されました。
年末の風物詩となり、おおくのみなさんに和んでいただけるイルミネーションが、1月3日から来年の1月14日まで、、時間は午後4時30分から翌午前1時まで、点灯されます。
市からもこのイルミネーション事業に800万円の補助金が出されています。
3日は、その点灯式があり、そのあと記念イベントが催されました。
当夜はお天気のも恵まれ、少し寒くなってきた中を500人近い方々がそのイベントを楽しまれていました。

イルミネーション 011

今年は市制施行60周年にあたり、その記念の企画にもなっています。
イルミネーション 022

疲れて帰ってきたこの駅前で見るイルミネーションは、やはり癒されます。
それにしても、あらためて1年がたつたのも早いもの、もう年末かと。

この駅前広場のイルミネーション、予算の関係、また北口広場の広さの問題もあり、ちょと平面的になっていますが、今少しボリューム感がでればなーとも思います。

平和通りのイルミネーション
イルミネーション 020


とりは、井の頭の歌姫”あさみちゆき” 人気がありました。壮年層?に。
おおくのファンが結構早くから来ておられた様子でした
イルミネーション 027


イベントの最中に、あらためて駅前から、公園通り、本町新道を回遊しましたが、いつもよりも多くの人出でにぎわっていました。
ただ、大変残念なのはこのような自転車の違法駐輪で歩道が狭められて、大変歩きづらかったことです。切実な問題として、この自転車の駐輪問題解決にむけて取り組み強化が肝要です。地下化の計画もありますが、重要、緊急問題として、議会あげて取り組んでまいります。
イルミネーション 014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。