武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算委員会を終えました

委員長をつとめました決算特別委員会4日間の審議日程を、9月25日で終えました。
一般会計、4特別会計(下水道事業会計、国民健康保険会計、介護保険会計、老人医療会計)そして水道事業会計の全決算内容についての審議を終えました。
平成18年度の決算については、自民クラブ、市民クラブ、民主・無所属クラブ、公明党、共産党、市民の党全員賛成で、委員会では認定と決しました。
このあとは28日の本会議で委員長報告をいたし、議会での認定をすることになります。

今回の決算委員会では、例年と若干違って予算委員会の際と同じような審議内容になりました。ベテランの議員さんが、委員になられたことあり、新人議員さんが1名で、副委員長になったということもあり、決算の具体的な数字をおっかけての質問が少なく、政策論議的な質問が多かったようにみました。また平成18年度の決算審議であったわけですが、18年度には手がつけられておらず、今取り上げられて議論されている事業にわたる質問も結構ありました。私なりには決算委員会ですから、決算内容についての審議を深め、そこから今進められている、これから進められようとする事業に何かしら参考点なりを指摘できるような審議ももう少しあってもと考えましたが。

今回の委員会での質問での大きく取り上げられた論点をあげますと
*市長交際費の問題について
予算100万円に対して、執行が30万円、そして議長交際費(予算220万円、執行額が110万円)に比して各段少ないということです。この問題は、邑上市長が続く限り今後も関係委員会でも論議が続くことになるでしょう。市長公人としての支出基準の問題です。

*本市の自治基本条例の制定に向けて
平成18年度の事業にもないことですが、大きく議論されました。

*中学校給食の取組みについて
その調理場をも含む施設の問題や弁当も選択とする選択制の問題、業者の民間委託の問題などなどがあります。

なにはともあれ、はじめての委員会の委員長として、無事4日間の委員会を進行することができ、ホッとしました。委員の皆様、ご苦労様でした。また行政サイドの皆様も答弁、ありがとうございました。大変お疲れ様でした。膨大な資料作成、毎年のこととはいえ、大変な労力を要する作業です。ご苦労様でした。

武蔵野市は、決算の数字を見ましても、全国でも1,2位の財政力を誇る自治体です。その豊かな財政力を背景に、全国的に見ても大変質の高い事業が行われていることは事実です。
今後も、こうした質の高い事業が進められ、市民に対して質の高い様々なサービスが提供されるように、しっかりと見守っていかねばと考えています。
スポンサーサイト

決算特別委員会

9月議会において、平成18年度の決算を認定する決算特別委員会が開かれています。
今回のこの決算特別委員会を審議する委員に入り、私は委員長を務めております。

審議期間は、9月19日(水)から始まり、20日(木)、21日(金)、25日(火)までの4日間です。
第1日目の19日は、監査委員審査意見、人件費及び総括、人件費、そして第1款の議会費の審議を行いました。朝の10時より開会し、午後9時までの委員会でありました。大変長時間にわたる委員会であり、終わったら午後の9時。大変空腹を覚えて、家に帰り遅い夕食をとりましたが。

天皇皇后両陛下が、武蔵野市においでになりました。
この日は、天皇皇后両陛下が、ケアハウス”グリーンパーク”を訪問されました。邑上市長と近藤議長もその席に同行し、御案内につとめましたので、その間の3時間半ほど休憩をとりました。

総括の審議ということで、結構何でもありの質問です。各委員から各々特徴ある質問が寄せられました。委員長ということなので、慣例で質問は自粛することになっておりますが、最後に1問質問をいたしました。昨年度、一昨年度と60億を超える積立金を計上しています。まじかに迫った公共施設、インフラ等の更新に備えての基金に廻すということもということも分かるが、積極的補正を組んで、今やらねばならないことに手をつけることも考えるべきと質問致しました。
他の委員からの質問で大変興味を覚えたのは、野党?の委員からの時として市が提案する議案に反対する与党(その党は、邑上市長をしっかりと支えていくとポスターにうたっています)がいるが、市長はその与党から応援ももらい、選挙時も応援しているが、どう考えるかという質問に、市長は、議案に賛成反対は是々非々でいいのではとの答弁をしました。
そのことを受けて、他の与党のある委員からは、市が出す議案は、ぜひ通してもらいたいという姿勢、考えで議会に提案するものである。与党である党が是々非々で臨み、反対をされてもいたしかたないという受け止め方は、市長としていかがかという質問でした。
私も同感で、市が提案する議案は、市長が責任を持って進めるということであるべきで、是非とも全議員に理解を願い、賛成をいただきたいとの考えで提案すべきと考えます。それが野党ならいざ知らず、与党からも是々非々で反対を受けてもいいですとの考えは、責任を持って議会に議案を提案しているのかと疑いたくなる答弁でした。

吉祥寺光会の秋祭り

毎年恒例の吉祥寺秋祭りが、9月8日(土)~9日(日)市内各所で行われました。
東京女子大通りは、光会の祭礼として毎年行われています。
今年も光会会員の皆さんを中心に、地元の団体、皆さんの協力で盛大に行われました。私も2日間時間を見つけて、お手伝いをしてまいりました。
今日9日は、山車、子供神輿が午後から催され、大勢のかわいい子供たちが集まってくれました。

0909-06.jpg

今年は例年と違ったコースで、東町3丁目を巡行しました。
0909-17.jpg

こうした地域での秋祭りも、裏方での準備から当日、また後片付けと大変な労力が必要です。本当に皆さんご苦労様でした。
今日は、各神酒所を8か所ほどまわりましたが、各神酒所もそれぞれ商店会のアイデアで特徴が出ており、楽しませていただきました。

平成19年第3回武蔵野市議会定例会議

今年度の第3回の市議会、9月議会が始まりました。
3日と4日は、各議員からの一般質問がなされました。今回は15名の議員の質問がありました。
私は、9番目の質問で、3日の最終に行いました。
今回の質問は、『邑上市長の武蔵野市政運営の関しての考え方等について』で、大きく2点の質問でした。
①邑上市長の市政運営の基本姿勢について
⇒2年を経とうとしている邑上市政ですが、前市長のとる市政運営の手法(強いトップダウンでリードされていた)から大きく変わってきました。決断がなかなかなされない、事業が進まないという場面が、随所に見られます。当然市政に当たる手法が違うことは、それはそれで否定をするものではないものですが、市政の停滞や武蔵野市の評価が失墜することは困るものです。そのためにも、邑上市長として、もっと自身の手法が活かされる庁内の組織を考えるべきではないかという主旨の質問をいたしました。
答:市民が主役、市民の意見を聞いてというような内容の答弁でしたが、市長として市役所のトップとしては、決断をするのは市長である、責任をとるのも市長であると、もっとある意味の強さを発揮してもらいたい思いです。
②市の屋外プールと小中学校のプールに関して
⇒屋外プールの多目的な活用として、底にあるいは蓋をして、そこに人工芝やゴムチップのマットを敷いて、スポーツ広場として、オフシーズンに活用できないかと、既存施設の複合化を狙い、限られた施設の有効活用を考えるものでした。
答:消防の水利のために常に水を溜めておくので、難しい。確かに、防災といわれると、それ以上については言いにくいのですが、絶対というものではないと考えます。他に水利を考えてみての可能性もあるのではと考えます。市内にボールを使用してのスポーツ広場を、市教委員会の施設として、東町スポーツ広場1か所しか設けていないことを考え、生涯スポーツ環境の充実からも、もう少し施設の複合化を考えて、検討を願いたいとの思いです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。