武蔵野市議会議員 桑津 昇太郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉祥寺駅 帰宅困難者訓練

3月11日(水)   吉祥寺駅周辺や一時滞在施設などで、帰宅困難者対策訓練が行われました。250名を超える方の参加がありました。吉祥寺駅周辺では、武蔵野公会堂、第一ホテル、映画館などの施設の協力で、一時滞在施設への誘導訓練、支援物資搬送訓練が行え割れました。4年前の3月11日の際は、2000人を超える帰宅困難な方が、駅前にあふれたということでした。

150311_03.jpg

150311_01.jpg

150311_02.jpg

武蔵野公会堂には、ビスケット・飲み水が、備蓄保管されています。
150311_04.jpg

ガスコンロを利用しての簡単な食料を作る実演も、日赤奉仕団の皆さんから教わりました
150311_05.jpg

公会堂で行われました消防署のお話から
150311_06.jpg

150311_07.jpg

150311_08.jpg

150311_09.jpg

150311_10.jpg

150311_11.jpg

スポンサーサイト

武蔵野サッカーフェスティバル

12月27日(土) 武蔵野サッカーフェスティバルが、武蔵野市陸上競技場にて、開催されました。
当日は、晴天に恵まれ、大変大勢の親子連れのちびっ子たちに参加していただきました。

緑の芝生の上で、・キックターゲット ・シュートスピードガン ・ドリブルチャレンジに挑戦のーナーや
横河武蔵野FCの選手による、・サッカークリニック ・ミニゲーム大会
そして、日本サッカー協会の技術委員長の霜田正浩氏によるジュニア指導者対象の講習会も開催されました。
午後からは、現役Jリーガーの地元出身の李忠成選手も来場でした。また過日の世界一の栄誉に輝いた「横河武蔵野ジュニア」の選手たちの優勝報告セレモニーも行われました。


CIMG0370.jpg

CIMG0369.jpg

霜田氏の話に聞き入る皆さん
CIMG0356.jpg

CIMG0377.jpg

CIMG0366.jpg

CIMG0379.jpg








青空市

11月9日(日)  会場:むさしの市民公園
恒例の”青空市”が、今年も開催されました。朝からの雨が、式典が始まるお昼ころは、薄日がさすまでになりました。今年も、大変の大勢の市民の皆さんが、集まってこられ、青空市を楽しんでおられました。
毎年のことながら、友好都市からも、地元の名産の海産物、山の幸が並べられて、繁盛した様子です。


CIMG0200.jpg

岩手県遠野市の本田市長にもご挨拶をいただきました。
CIMG0199.jpg

CIMG0198.jpg

CIMG0197.jpg

武蔵野市で作られたお野菜の”宝船”
CIMG0206.jpg
武蔵野の都市農業も、皆さんで応援をしなくてはなりません。

第25回東京都道路整備事業推進大会

10月30日(木)
今年も恒例の「東京都道路整備推進大会」が開催されました。出席をしてまいりました。
議会として、委員会に続く公務として位置づけられているこうした大会への出席ですが、近年は議員の出席率が悪くなってきています。
大会の運営内容は、講演を伺って、その後の大会にて、決議を図り機運を盛り上げるというものです。
道路ネットワークの構築は、インフラ整備の根幹をなすものであり、高速道路建設に反対の立場をとり出席しないということなのか、大会運営の中身の問題なのか、その他の理由でありましょうが、議員としては、公務と受け止めて出席すべきものと考えます。

CIMG0133.jpg

CIMG0134.jpg

CIMG0136.jpg

総務委員会の行政視察ー第3日ー

第3日は、旭川市を訪問しました。旭川市で進められています「まちなか活性化交流拠点創出事業」についての勉強です。
旭川市は、人口35万人、行政面積は747.6k㎡です。道内第2の北海道の拠点市です。
今JR駅舎も新しくなり、駅前の再開発が進められていました。イオンの大変大きなショッピングモールも建設中でした。郊外に同じjイオンのモールがつくられて、駅前の商店街が疲弊していったようですが、旭川市中心市街地活性化計画を作成し、再び街の賑わいを取り戻そうとの計画です。その中での「まちなか活性化交流拠点創出事業」について、」勉強をしました。

以下、委員会の報告書です⇒
武蔵野市では、路線商店街が売り上げ減による影響がおおきく、様々な施策を講じているがなかなか回復が難しいところです。旭川市ではまちなか活性化交流拠点を地域の核として作り、再度賑わいのある街にするため活動している。この経過と方法を調査でした。「まちなか交流館」はまちの情報発信や催し物の開催、幅広い市民の利用と交流を行い、再度市街地の活性化を図るための拠点として設置されました。旭川は近年旭山動物園の人気により観光客が増大し、空港、駅、駅バスターミナルが賑わうようになりました。しかし町中の賑わいの中心は観光客も含め街中を行き交う人の流れが必要です。旭川ではホテル数が少なくせっかくの観光資源が活用できません。また郊外に大きなショッピングモールができ、人の流れは駅中心から大きく変わり、閑散とした状況になったそうです。旭川駅から恒久的歩行者専用道路がおよそ1kmの長さ、幅およそ20mで伸びていて様々な利用方法が考えられています。この歩道は全国でも初めての恒久歩行者専用道であって、車はもとより自転車の駐輪もできないのです。しかし残念なことに道路であるため道路交通法の制約があり、年を通じての催し物はできないとのことでした。「まちなか交流館」はこの道路の駅のそばにあり、併設された観光情報センターをもち、立地機能とも条件は整っています。設備は「まちなか交流館」が106m2、総合観光センターが167㎡となかなかなの広さをもち、またレストランや喫茶店、物産館まであり、来館者の要望には充分に答えられると思われました。しかし周辺道路の通行人数や、物産館、観光センターの利用者数、売り上げを見ると大変苦戦しており、本来の賑わいを取り戻すにはまだ時間がかかりそうですが、様々な施策を講じて実績を積み上げ、何とか賑わいの創出を見いだしたいとの思いが担当者から伝わってきました。
地方中核都市の旭川市は、人口およそ40万人、広大な行政面積のうちかなりのところが平地であって、観光資源として旭山動物園を持つ、なかなか魅力ある街でした。しかしご多分に漏れず郊外に大きなショッピングモールができ、人の流れがおおきく変わると共に個店の内物品販売は猛烈な打撃を受けてしまいました。昭和54年には町中を歩いている人が延べ36万人ほどであったのが、現在ではわずか持ち直したとはいえ14万人弱であることとみれば、いかに苦戦をしているかが思い浮かばれました。武蔵野市においても個店や物販の大変さは共通するものの、吉祥寺という地域ブランドで情報発信する事が重要と思われます。この度調査した「まちなか活性化拠点創出事業」の一環としての[まちなか交流館]は、我が市の「ハートらんど富士見」のように商店街の中のコミュニティスタジオとは全く別な観点から始められた施策で、街全体の活性化を検討するものでした。我が市でもまちなかの活性化特に周辺商店街の活性化は急務であるが、この度の旭川市の取り組みとは別な方法を考えねばなりません。しかし大きな取り組みとして参考としたいと思いました。


CIMG0070.jpg

141016_01.jpg


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。